収益物件の解体新書

管理会社と連携をとって管理!

管理会社と連携をとって管理!

管理会社と連携をとって管理! 収益物件は管理会社と連携をとって管理することが大切です。よくある失敗が管理会社に任せっきりにしていて、情報交換をしていなかったことで、収益物件となるものがならなくなったというようなケースです。物件の管理というのは何もしないわけでは当然ありません。清掃から備品の交換からいろいろなことが必要になります。場合によってはこの管理がずさんであったことが利用者を無くしたりするようなことにつながることもあります。特に多いのは、清掃がしっかりと出来ていないようなケースです。
こうしたことが起きる理由の一つとして管理会社との情報交換がしっかりと出来ていないということが考えられるのです。情報交換が出来ていればやるべきことをしっかりとしているかどうかのチェックにもなります。物件の管理というのは、長期にわたる情報交換が必須といってもいいでしょうから、しっかりと連携をしていくことで、収益物件を維持していくことが出来るようになるのです。

収益物件の状態維持は大切

収益物件の状態維持は大切 収益物件で長い年数収益を継続して得るために1番大切なことは、何より状態の維持です。しかしメンテナンスは1番面倒ですし、優先順位も下がりがちです。お金も結構かかるので、先に投資しなければならないというのがリスクに感じる人も多いです。
しかしメンテナンスをさぼってしまうとどんどん経年劣化は進んでいき、住宅用物件であればみるみるうちに家賃が下がってしまいます。また、メンテナンスは劣化していくことでどんどんお金もかかってしまうものです。収益物件は意外と管理が面倒なものなので、マメで時間がある人におすすめです。壁や床、また共用部などいろいろと維持すべきところはあるので管理会社とこまめにチェックしておくといいでしょう。
大きなダメージや古臭い雰囲気のする不動産であれば、リノベーションすることも選択肢に入れましょう。すぐに快適に住める、というのは今の日本の賃貸業界では当たり前のことで、状態と家賃は比例します。

Copyright (C) 2018 収益物件の解体新書. All Rights Reserved.