収益物件の解体新書

収益物件に関する情報が満載です!

収益物件でプラスが出る仕組み

収益物件でプラスが出る仕組み 収益物件では、基本的にはプラスが出るようになっています。そもそも、最初からマイナスになることがわかっているような物件はだれも購入しないでしょう。
入居率が100%ならば毎月の家賃収入が100万円入ってくると仮定します。不動産投資ローンの月額返済額が80万円ならば、入居率が80%を超えていればローンを返済し、それでもなお手元にお金が残ります。管理費・メンテナンス費、修繕費、税金なども計算に入れましょう。
ローンをなんとか返済できても、収益物件でプラスが出ているとは限りません。ほとんどの場合に、ローンを完済できた時点ではマイナスになっていることでしょう。
そのマイナス分を計算してみて、不動産の価値のほうが上回っていれば、その時点で売却をすればプラスになります。不動産の売却のタイミングも間違えないようにしておきましょう。
不動産を保有していると固定資産税などのコストがかかり続けます。価値が低下しそうならば、思い切って売却をしてしまうという決断力も重要です。

収益物件はいきなり大儲けできるものではない

収益物件はいきなり大儲けできるものではない 不動産投資をして資産を増やすときには、まずは収益が見込める物件を探すことが必要です。収益物件を見つけたら、家賃収入が得られるかどうかを確認して、全てに借り手が見つけられないことも考慮をします。
そして収益物件を購入する場合、多くはまとまった費用が必要になるのでローンを組みます。この時、重要なことは、毎月支払うローンは得られると見込んだ収入よりも低くすることが大事です。
ローンの支払いの方が大きくなると資産を増やすことにはならず赤字になってしまいます。
ただローンの支払いよりも、毎月得られる家賃収入が多くても、物件の管理費や税金などを支払わなければなりませんから、実はいきなり大儲けをできるものではありません。
それでも収益物件を持っていて、正しく管理をすることによって、毎月ある程度の資産が増えることになれば、長い目で見ると、資産運用として成功していることになります。
短期間で大儲けをすることを考えるのではなく、気長に収益を得られる方法だといえます。

Copyright (C) 2018 収益物件の解体新書. All Rights Reserved.