収益物件の解体新書

収益物件の入居率を上げる施策

収益物件の入居率を上げる施策

収益物件の入居率を上げる施策 収益物件とはアパートやマンションなどの物件を所有し中長期的に投資目的で運用していく不動産の一つです。収益物件を持つ所有者はそこに居住することはなく家賃収入を収益として運用していくことになります。そのため物件に入居者が集まらなければ所有者の収益にはつながらないため入居率を上げる必要があるのです。収益物件の入居率を上げるための施策としては入居者のニーズを満たす物件を提供することです。
例えば地域には学生が多いのかファミリー層が多いのかで物件の内装や間取りは変化していきます。またリフォームを行う際にも参考になるためどの年代層をターゲットにした物件を提供するのか明確にしておくとよいでしょう。その他にも相場に適した賃料を設定することで入居率が高まることがあります。また敷金や礼金を減額してみるのもよいでしょう。収益物件の空室を作らないために長期間にわたって入居してもらうことができるようターゲットに合わせた施策を提供していく必要があります。

「これは使える収益物件だ」と思われるためには?

「これは使える収益物件だ」と思われるためには? 収益物件の中には実際に賃貸を行おうとしてもなかなか借り手がつかないと言うものも少なくありません。借り手がつかない場合には固定資産税等の維持費がかかるだけで大きな出費になってしまうため、できるだけ効果的に入居者を募集し家賃収入を増やすための様々な条件を考慮することが必要です。
そのため使える収益物件だと思われるためには、入居者が求める条件を全て網羅することが重要です。駅に近いなどの交通アクセスが便利な事はもちろん、部屋自体の使い勝手が良いなどの条件を十分に考慮する必要があります。さらに最近では流行の物件が持ち合わせている条件があり、これらの条件を網羅していることも非常に重要な要素となっています。アイランド型のキッチンなどを掃除していると多少家賃が高くても入居希望者が多い傾向があり、これらのトレンドをしっかりとつかんでいる物件が非常に有利です。そのため収益物件を選ぶ際にはこのような要素を網羅している物件を選ぶことが大切です。

Copyright (C) 2018 収益物件の解体新書. All Rights Reserved.